環境の変化に敏感

猫を飼ってる人は、凄く分かると思いますが、猫っていうのはちょっとした環境の変化でも、凄く反応してしまいます。
その変化で多いのは、猫の主食であるキャットフードになると思います。
確かに成長によって、キャットフードはその体質に合わせたものを、与えるのがいいので、一定期間たつとキャットフードを変えないといけません。
しかし幼少期などは、そういったところはすぐに馴染んでくれるので、食べないってことはないと思います。

でも大人になるとキャットフードが変われば、食べないって子もいるし、キャットフードのランクを下げてしまうと、それ以上の味のものしか食べないって子がほとんどだと言われています。
だからペットショップでは、猫の餌に関しては、色々な種類を置いていて、おやつなども豊富に扱ってると思います。
そんなペットショップですが、旅行の時にペットを預かるペットホテルの役割をしてくれるところもあります。
でもペットホテルを利用してるのは、ほとんど犬が多いようで、ペットショップでも預かってるのは、犬が多いと聞きます。
では、どうして猫がいないのか…それは、猫は環境の変化に敏感だからだと思います。
犬は動物病院に連れていっても、キャリーに入れなくても連れていけますが、猫に関しては入れないと、他の動物に危害を与えるかもしれません。
だからペットショップで預かるサービスでも、猫を預かってるところは少ないそうで、猫の場合はペットシッターを利用することが多いそうです。

ペットシッターは、いつも暮らしてる環境で猫にキャットフードを与えてくれるので、猫を飼ってる人はペットシッターを利用してる人がほとんどだそうです。
それにペットシッターは、ずっとそこにいるわけではなく、餌やトイレの掃除をしたらすぐに離れるので、ストレスを与えにくいので、いいと言われています。

外部おすすめリンク

ペットショップなら【アイキャロット】